読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲探検日記

コーヒーについてです。たまにクライミングネタも。

コーヒー好きにお勧めなウイスキー

実はコーヒーと同じ位お酒が好きです。

 
好きになる前は「度数の高いお酒」という印象で、飲むとしてもハイボールくらいだったのですが、
いざ足を踏み込んでみるとそれぞれ味わいがまったく違うんですね。
 
ウイスキーブログを書く様なレベルの知識は無いのですが、コーヒー好きならこれは飲むべき!!というウイスキーを紹介できればと思います。
コーヒーとひとくくりにしてしまうのは乱暴なので、ざっくりですがコーヒーは「酸味派」「苦味派」に分けてご紹介します。
 
 
 

コーヒーは酸味!という人にお勧めウイスキー

酸味が好きな人は、すっきりとしたコーヒーを好んでいる方ではないでしょうか?
お店で言えばブルーボトルや最近のサードウェーブ系ですね。
僕の感覚では酸味派の人はラテやミルクコーヒーも好きだったりすると思います。
すっきりしたい時⇒ブラックで。
コクや甘みを感じたい時⇒ラテで。
という感じで使い分けをしているんじゃなかろうか。
そんな人にお勧めなウイスキー達です。
 

マッカラン 12年

スコッチウイスキーですね。ウイスキーをあまり知らない人も名前は聞いたことある!という人もいるのではないかと思います。
ウイスキーの中で、一番取っ掛かりがよく、飲みやすい。どんなバーにも必ずあります。
口当たりの柔らかさはラテに似てるかなと思います。
一日の終わりや休日に一服したい。。。といった時に答えてくれるウイスキーです。
 

白州 12年

ジャパニーズウイスキーです。山梨に蒸留所があって、そこで作られています。
白州はとってもスッキリしたウイスキーだと思います。
ハイボールにしてもかなり美味しいですね。
コーヒーにもキレがあって後味もクリアなものがありますが、そういった物が好きな方は一度は飲んで欲しいウイスキーです。

バッファロートレース 12年

こちらはバーボンウイスキー
香りは強いバニラ。甘みもバニラ。
 コーヒーでバニラを感じる時はあまりないので、コーヒー好きなら、、、
という所とはズレているように思えますが、コクがラテに似ていると感じました。
「バーボンは癖があるよ」という人もいるそうですが、バーボンの中でもこちらは飲みやすい方かなと思います。
この甘さとコクが、ラテ好きな人に合うのではないでしょうか?
  
バッファロートレース 750ml

バッファロートレース 750ml

 

 

 

コーヒーは苦味!という人にお勧めなウイスキー

 

カリラ 12年

 

スコッチウイスキーです。スコットランドにあるアイラ島と呼ばれる島の蒸留所で作られています。
アイラ島はピート香と呼ばれる独特の香りがあるウイスキーを生産している蒸留所が多くあり、カリラもそのうちの1つです。
そのピート香が程よく、味わいも滑らかな印象です。
ウイスキーが喉を通った後、心地よい甘みが訪れて、まるでコクのある深煎りコーヒーを飲んだような気持ちになります。
個人的には味のグラデーションが感じられる所が一番好きです。
 
カリラ 12年 箱入り 700ml

カリラ 12年 箱入り 700ml

 

 

バルヴェニー 12年


こちらもスコッチウイスキーです。
特筆すべきはその香りと甘さとコクです。
香りは絞りたてのリンゴのような香り。
甘みはコーヒーの甘みとは少しイメージが違います。

飲んだ瞬間にウイスキーの概念が覆されるほどの驚きを感じると思います。
深煎り独特の甘みのあるコーヒーが好きという人はベストマッチなのかなと思います。

バランタイン17年

言わずと知れたブレンデッドウイスキー
熟成年数が上記と比べて少し長いです。そのおかげか、柔らかい口当たり。
アルコールの強さをあまり感じないです。口に入れてから飲み込むまで、複雑な味の変化が楽しめるウイスキーだと思います。
深煎りでも、口に入れてからフィニッシュまでの間に、味わいが変わることがありますね。
味のグラデーションが楽しめるウイスキーだと思います。
 
 
 如何でしたか? 
上記は本当にオススメなので人生で一度はお飲みになる事をお勧めします!