読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲探検日記

コーヒーについてです。たまにクライミングネタも。

濃いめのコーヒーのデメリット

最近はコーヒーを濃いめに入れることにハマってる。

薄いコーヒーって物足りない感じがしていやなので。

 

濃いめに入れるということは、コーヒー豆の分量を多くすればいい。

でもそうすると、苦味が全面に出てきてしまって、飲みにくいコーヒーになってしまう。

そこで温度を下げて淹れる低音抽出がよいと思います。

 

蒸らしを三回位入れて、ゆっくりと低音で入れると、比較的苦味が抑えられたコーヒーになる気がする。

 

低音抽出の限界は60度くらいだと思うので、豆の焙煎具合によって温度を分けるっていう作業が楽しい。

 

うまいコーヒー飲みたいなと思ってる時は、粉の粗さや分量、抽出量を一定にして

一つの要素だけ動かすように淹れるのが良いかと思います。