読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲探検日記

コーヒーについてです。たまにクライミングネタも。

どの焙煎機でも絶対にうまく焼けるって話

某珈琲焙煎教室に行ってきた。

大体焙煎の悩み相談とお手本を見せてもらって、雑談して終わる。
運良くマンツーマンだったので、日頃の悩みをじっくり聞くことができた。
そこであったのは、手回しだろうが大型の機械だろうが網だろうが、その器具の特徴をしっかり理解すれば、うまい珈琲が焼けるってことだった。
もちろん限界はあって、手回しでフレンチは火力が伝わりづらいのできびしいとか。
 
もろもろ聞いていたのだけど、うまい珈琲かどうかを判断する基準を設けないと、そもそもうまいかどうか判断できないので、まずはそこからということに気付いた。
 
まずいというのは、えぐみ、臭み、味や風味の消え方や強さが表現としてあるので、もっとたくさんまずい珈琲を飲んで、これが不味くてこれがうまいというのを覚えたいね。
でも、まずい珈琲とか飲みたくないんだよなぁ・・・