珈琲探検日記

コーヒーについてです。たまにクライミングネタも。

クライミングシューズ雑感②

続いてクライミングシューズレビュー②です。

今回はテスタロッサ


1.スポルティバ テスタロッサ

 ①で書いたINTIの後にこれまたデザインで買ったシューズ。

INTIも良いシューズなのだけど、ヒールが全く合わなかったのでヒールが合う靴を探していて発見しました。

ホームジムの店長に「良い靴買ったねぇ~」と言われてうれしかったのが思い出。

もう3年くらいはいていて、リソールして今も現役。やっぱり靴自体のクオリティが高いんだね。レースアップなので伸びても締めれば問題なしでした。ちなみにシャンクはゴムみたいなので洗ってます。

ただ、さすがに使いすぎでダウントゥがなくなってきたかなぁ。。。


1.エッジング・・・★★ 

柔らかい靴なのでエッジングは神経を使う。親指でしっかり押してあげることで立ちこむことは出来るけど、安心はできないかなという印象。

どっかぶりでは全く問題ないけども。


2.スメアリング・・・★★★★  

靴自体が柔らかいのでかなり使いやすい。

小川山のファンタジー岩のスラブ面でかなり役に立った。(そんなシビアな場面ではないけど。)

はじかれる感覚が全く無く、岩につい付く感じ。

特にかきこんでいくようなときはかなり使いやすい。

 

3.トゥーフック・・・★

レースアップなので。。。というか、私の場合あまり使わないので。。。


4.ヒールフック・・・★★★★★

 パーフェクト。かかとのソールがかなり薄いのでかかとの裏の感覚がかなりある。これはほかのシューズではない特徴だと思う。

そのためかなり柔らかいので、スメアチックなヒールだろうが、エッジングチックなヒールだろうが対応可能。

レースアップで締めるので脱げる心配も皆無。

チーファイみたいな細いヒールではないので差し込むようなヒールには向いてないのだけど、そこもご愛嬌ということで。。。