読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲探検日記

コーヒーについてです。たまにクライミングネタも。

ボルダリング用ビデオカメラのお勧め機種

クライミング

珈琲のブログですがクライミングネタ・・・

 

外岩に行って名作と呼ばれる課題をイジイジし始めたころから、
「自分のクライミングを動画に残したい」
と思うようになりました。

実際に岩場に行くと、カメラの雨あられ。ひとつの岩に1台はカメラがありますね。
iPhoneで十分だわ!っていう人もいるのはもちろんですが
チョークまみれの手でスマホを触ったり、クライミングシューズでカメラのところまで行って
岩の前に戻ってきて、チョークアップしてトライして、またカメラのところまで行って

映像確認して。。。
とやるのはめんどくさいし、破損のリスクも・・・

ライミングはシューズとチョークくらいしかお金かからないので、ビデオカメラにも投資しましょうよ。

 

1.必須用件

外岩でボルダリングするために必要な用件は以下

  • 防水防塵・・・壊れ防止
  • 軽い・・・アプローチが遠い岩場ではマスト
  • wi-fi等で遠隔操作可能・・・楽さの追求
  • 給電しながらの撮影が可能・・・肝心の録画ミスを防ぐ

 

2.希望用件

  • 価格が安い・・・あたりまえっすわ
  • 広角での撮影が可能・・・撮影ポジションがうまく取れないときにほしい
  • 画質がいい・・・詳しくないんで良く分からないですが、スマホのクオリティは超えたい。


以上の用件を満たす機種ってことで厳選してみました。

RICOH WG-M2
http://kakaku.com/item/J0000018447/

よく分からんけど4K!対応のアクションカメラ。
超広角での撮影が可能なので岩全体の撮影もばっちり。
広角レンズのみなので、通常モードでも多少のゆがみが出てしまうのが欠点か。
なおWG-M1という前機種もあります。フリマサイトなどで1.2万くらいですね。

4Kじゃなくてもよい方はM1のほうが良いかもしれません。


OLYMPUS STYLUS TG-Tracker
http://kakaku.com/item/J0000018926/

お値段張ります。
ハウジング無しで水深30Mまでいけるという怪物的な耐水性能。
ライミングにはいらないけど。。。
ダイビングもやるよ!っていう方には超絶お勧めしたいモデル。
ただ、バッテリーが30分しか持たない。

 

③Everio R GZ-RX600
http://kakaku.com/item/J0000018084/

アクションカメラタイプではありませんので、広角撮影が出来ない模様。
大きさも当然かないませんね。
期待できるのはバッテリの駆動時間が200分越えという点。
広角レンズが逆にいやだ!という方はこちらがいいかもしれませんね。
ライミングビデオを広角で撮ってる映像ってほとんど無いんですよね。
スパイスとしてはありなんでしょうが、がっつり取りたいときはこっちがいいかもしれません。


④hx-a1h
http://review.kakaku.com/review/J0000016148/#tab


価格的にも、軽さ的にもOK。
画質は×
撮像素子が①、②と比較して劣ってるので、暗いところでの撮影は悲しいことになるかも。。。


まとめ

調べてから気付いたんですが、防水防塵と給電しながら撮影の両立は不可能なのですね。(コード挿入部分が露出することがマストなため、絶対にホコリや水が入る)

また、必要用件を見てみるとアクションカメラとの親和性も高いんだと気付かされました。
私的にマストは、ある程度の防塵と給電しながら撮影、wifi接続がマストなので価格的にも①がいいなぁ。。。

ちなみにGoproも考えましたが、盗難のリスクが高いので入れてないです。(個人的な意見)

クライマー人口が増えて、岩場の人口密度もかなりUPしてきました。

自分のことしか考えないクライマーもいるでしょうから、未然に防げる努力はやっておきましょ。

草枕

自家焙煎珈琲店

いつもの草枕

うんまい、うまい。

禁煙になったら通うのになぁ…

 

昼時の早い時間帯に行って、タバコが出てくる前に珈琲のんで帰るっていうのがベスト。

 

豆はブランドしてるらしいです。

(日によって変わる?)

 

えぐみや雑味のない、コクと旨みが綺麗に抽出された素晴らしい珈琲でした。

香りも甘い香りがすき。

 

看板の通り、本が沢山あって飽きない。

 

ネルドリップで深煎り濃いめ、

自分がいれてもこうはならない。新しい目標かな

 

 

ブルーボトルコーヒー

自家焙煎珈琲店

今更感がすごく強いが、ブルーボトルコーヒーに行ってきた。

 

友達に感想を聞いてみたところ、皆んな口を揃えて酸っぱいとのことだったのでだいぶ浅煎りなんだろうなと思っていた。

 

調べてみるとほとんどミディアムくらいだそう。

カッピングするときのローストが1番美味しく、若しくは豆の特徴を出せるということらしい。

 

最近は深煎り一辺倒だったので、浅煎り楽しみだなと感じながら入店。

 

f:id:iwanori65:20161104125814j:image

 

意識高いっすわ。

知らない人が見たら食器屋さん??

自分はコーヒーが好きなので、これ見たらコーヒーだ!

って思うのだけど、世間の認知ってどれくらいなんだろうか。

 

ブルーボトルがサードウェーブコーヒーの走りだと宣伝していた記憶があるので結構知ってるのかもね。

 

店内はアジア系の外国人が半分くらいを占めていた。ランブルと同じように、ガイドブックに載ってる可能性高し。

 

肝心のコーヒーは心地いい酸味。

ここまで雑味のない綺麗な酸味を出すって結構難しいと思うのだけど、そこはさすがでした。

 

やはり、グラインダーにも拘っていたようで、ハンドドリップはマールクーニック、エスプレッソはmazzerでした。

 

マールクーニックはかっこいいわぁ

 

また、、、はないけどこういうのもありですね。

クライミングシューズ雑感④

クライミング

4足目:スポルティバ スピードスター

目白の某店ではなぜか扱っていないスーパーぐにゃぐにゃシューズ。
スリッパの楽さにあこがれて、且つジムで足の指を強くしたかったのでやわらかいシューズがほしいって事で購入。(サイズは37。私の足は実寸で24.2cm)


1.エッジング・・・★★★★
以外といけるんだなと。
ミウラーみたいなのとは当然違うのだけど、足裏感覚がありまくるので、
すべるか滑らないかが明確にわかるのです。
買ったばかりのころは足の指の力が無くて、全然乗れませんでしたが、
使ってるうちに指の力がついてきたのか、コツをつかんだのか、問題なくなりました。
用はクライマー次第ってことですね。


2.スメアリング・・・★★★★
あぁ、もうすばらしい。。。
たまたま縦ピンチの側面にスメアしてみたところピタっと吸い付く感じでGOODでした。
やわらかいシューズのいいところはやっぱりここですね。
はじかれる感覚というのはほぼありませんでした。


3.トゥーフック・・・★★★★
チーファイも良かったのですがそれ以上。
そもそも私はトゥが苦手なのであまり使わないのですが、この靴にしてからヒールよりもトゥを多用するようになりました。
それくらいいい。


4.ヒールフック・・・★
サイズの問題です。
めっちゃ脱げる。


■全体感
シューズ自体の剛性がないので、攻めたほうがいいかもしれません。(本気シューズにする人は)
私はジム履き用の快適靴として使っていたので、ゆるゆるのサイズにしましたが、
それでも戦闘力は十分。すばらしいシューズでございました。
スピードスターにベルクロつけてくれたら最高だな。
あっそれフューチュラか。。。

唯一つらいのはリソールできないってとこですね。

原宿の珈琲

自家焙煎珈琲店

渋谷に用があり、そのついでに歩こうかと思い渋谷~原宿をウォーキング。
明治通りは楽しいね。

 

茶亭 羽當にいこうか迷ったけど、どうせ混んでるしペーパーよりもネルドリップが飲みたいということで、原宿のアンセーニュダングルへ。

 

周りは原宿の竹下通りの若者感あふれる感じから一変して閑静な住宅街。
そこの地下に少し潜ったところにあるので看板がなければ見落としていた。。。

 

入ると先客三人でどこでも座っていいよという感じ。
窓際の隅にお邪魔し、タンザニアとチーズケーキを注文した。

 

肝心の珈琲はじっくりとネルドリップで淹れられたので、コクが深いのかなと思いきや
以外にすっきりと飲みやすい珈琲だった。


その後にブレンドをいただいたが、そっちのほうが苦味が強い印象だった。

タンザニアは水分をしっかり飛ばしている珈琲なのかな。。。

チーズケーキとの相性はかなり良くて、すっきりさっぱりしながらも
深入りの良さがでている珈琲でした。

 

ブレンドはどうやらオールドビーンズを使っていて、枯れた珈琲感を楽しむと書いてあったけど、
あまり楽しめなかった。。。

 

原宿に行ったとき、またいこう。

自分にしか淹れられない珈琲

クライミング 珈琲焙煎

完全なるど素人がいうのもおかしな話だけれども、個人でやってる分には自分が気に入った珈琲を淹れたいって思う。

 

そもそも珈琲なんて今じゃコンビニですら淹れたてが飲める時代になって、消費者が飲める珈琲のクオリティがかなり上がってきたと思う。

それこそプロが必死に議論して考え抜いた珈琲だから、うまいのは当然で
気軽にうまい珈琲が飲めるというのはとってもすばらしいと思う。

 

そう考えると、自分で淹れる珈琲っていうのはその自由度を楽しむべきなんじゃないかと。


で、その自由度っていうのは何も自分で試行錯誤してやる必要はなくて
いろんな喫茶店に入って、気に入った珈琲見つけてお手本にするというのが一番いいと思う。

 

なぜ喫茶店かというと、現時点で残っている喫茶店は何かしらの強みを持っているはずだから。
差別化できているはずだから。
コンビニと同じ珈琲を出していて、個人の喫茶店なんてやってお客さんつかないから。

 

もちろんお店の雰囲気作りとか、店主の人柄とかスイーツのクオリティとかもあって、そのお店が持っているかもしれないけど、何かしらのこだわりは持っていると思うので。

 

スイーツのレシピを聞いても答えてくれないけど、
そのお店のコーヒー豆を買って、どうやったらこの味が出せるのか聞いてみると案外答えてくれるもの。
(珈琲の抽出って個人の技術や道具に大きく左右されるので、教えたところで完コピされることはない。)

 

勇気を持って聞いてみれば自分の気に入った、他にはない珈琲が作れるかもね。

濃いめのコーヒーのデメリット

クライミング 珈琲焙煎

最近はコーヒーを濃いめに入れることにハマってる。

薄いコーヒーって物足りない感じがしていやなので。

 

濃いめに入れるということは、コーヒー豆の分量を多くすればいい。

でもそうすると、苦味が全面に出てきてしまって、飲みにくいコーヒーになってしまう。

そこで温度を下げて淹れる低音抽出がよいと思います。

 

蒸らしを三回位入れて、ゆっくりと低音で入れると、比較的苦味が抑えられたコーヒーになる気がする。

 

低音抽出の限界は60度くらいだと思うので、豆の焙煎具合によって温度を分けるっていう作業が楽しい。

 

うまいコーヒー飲みたいなと思ってる時は、粉の粗さや分量、抽出量を一定にして

一つの要素だけ動かすように淹れるのが良いかと思います。