珈琲探検日記

コーヒーについてです。たまにクライミングネタも。

うまいアイスコーヒーの作り方

暑い夏は冷たいアイスコーヒー!
スーパーで紙パックのものを買ってきても良いのですが香りが吹っ飛んでるので、自分で淹れていくのがベストですね!
アイスコーヒーを作る方法は2つです。
 
1.ホットコーヒーを急冷させる
2.水出しコーヒー
 
1.ホットコーヒーを急冷
ご想像の通り、ペーパードリップ等でコーヒーを淹れた後、冷やします。
ポイントなのは「急冷」という点。
コップに氷を敷き詰めておいて、氷にかけるようにしてホットコーヒーを淹れてください。
暖かいコーヒーは時間がたてばたつほど香りが飛んでいくのでこれを最小限にするためです。
非常にパンチの強い、ガツンとしたアイスコーヒーに仕上がると思います。
氷で薄まるので、1杯あたり15g~20gで抽出してください。
個人的には朝のコーヒーに最適。
 
2.水出しコーヒー
麦茶と同じ要領です。抽出に8時間位掛かりますが、まろやかで落ち着いたアイスコーヒーになります。
1リットルあたり80g~100g位の豆で作ります。
水出しコーヒーは香りが飛びづらいという特徴がありますが、衛生面の観点から早めに飲んだほうが良いです。
個人的には夜の落ち着いた時間に最適。
因みに簡単に作れるものもあります
好みに合わせて、最高のアイスコーヒーライフを!

キャンプでうまい珈琲を飲む方法

 

久々の投稿です。。。
最近私の周りで来ている空前絶後のキャンプブーム・・・
都内では感じられない自然の雄大さを味わうべく人気みたいです。
 
私もキャンプは好きで、友達と行くのですが
キャンプ場って朝晩ものすごく冷えるんですよね。
 
特に寒い朝、珈琲飲めたら最高です。
ただ、適当じゃだめなんだなコレが。
ぜひ、以下の道具をお持ちになって淹れてください。
 

ポイント①

その場で挽け!

酸素に触れれば触れるほど、風味が飛んでいきます。
携帯ミルを持って、その場で挽きましょう!
 

ポイント②

深煎りの豆を使え!

好みが分かれるところではありますが、キャンプ場の簡易コップの場合、
珈琲が爆速で冷えていきます。冷えた浅煎り豆の独特の酸味がいやだなって方は、
深煎りの豆を持っていくと良いかもです。
 
 

ポイント③

ペーパーで入れろ!

キャンプ場で絶対にやってはいけないことはゴミ放置です。
珈琲豆の出がらしも完璧に処理してこそ、キャンプを全力で楽しめるというものですね。
淹れるのが簡単なのはフレンチプレスですが、意外と掃除が大変ですし、豆の品質に影響されまくります。
よって、ペーパーをもっていってそれで入れるというのが絶対に良いです。
ドリッパーもプラスチック製から軽いですし。
 
上記3つを守って、楽しいキャンプ珈琲ライフを!

コーヒーインストラクター2級 無事合格しました

 

コーヒーインストラクター二級を受けて来ました。

満点ではありませんでしたが、無事合格ということで結構うれしい…

 

問題自体はそれほど難しくない感じでしょうか。

間違えたのは生産国の場所を間違えた感じですね。

それ以外はおそらくできたかと思います。

風味表現まで出たらどうしようかと思っていましたが、そこまでは出ませんでした。

 

実技についてはコロンビアの豆を当てるというものでした。

講習会でやったものと同じだったので問題なし。

受けてなくても日頃からやっている人はできるんじゃないでしょうか?

 

この検定を受けたおかげでよりコーヒーの知識が深くなりましたが、

いかんせん費用がかかりすぎますね。

 

個人的には費用対効果を気にしてはいけない系かなと思います。

 

 

花崗岩の踏み方を完全に忘れていた

GWは久しぶりに小川山と瑞牆に行ってきました。

いやぁー楽しかった。
3年前くらいからちょくちょくやっていた日々の暮らし(1級)ができました。
これはうれしい。
 
ただ、エイハブ船長は登れず。。。
カチは安定して持てるようになりましたが、膝がぶち込めなかった。。。
次の宿題ですね。
また、エイハブのせいで指がぼろぼろです。。。
 
花崗岩自体が久しぶりすぎて、完全に踏み方を忘れていたので
持っていったミウラーが無かったら坊主でもおかしくない感じでしたね。
 
ミウラーは神。(トゥーフック以外)
 
最初はシャーマンで登ってましたが、最初からミウラーにしておけば良かったと後悔しております。
 
どっ被りならシャーマンがいいですが、そもそもどっ被りの課題をほぼやっていないという。。。
今回ミウラーの良さを再確認できたので、シャーマンはしばらくお休みかもしれません。
なんかトゥーフックが決まる靴無いかなぁ。
 
ソリューションは足型合わないので、別のやつで探そう。

ラフロイグ飲み比べ

コーヒーのブログなんですがウイスキーネタ…

同じ嗜好品ということでご容赦下さい…

 

ラフロイグです。

いつも行っているバーのご厚意で飲み比べてみました。飲んだのは以下。

 

f:id:iwanori65:20170314115754j:image

 

左から、

・クーパーズチョイス 五年 カスクストレングス

・オフィシャル ロア

・クオーターカスク

 

ああ。。。。どれも美味しい。

いやぁ、飲み比べになっていませんね。同じラフロイグでもぜんぜん違うんですわ。

でも何が違うのかはぜんぜん説明できないです。

 もどかしいですがウイスキーもコーヒーも素人という感じですね。

 

 

 

SHOZO COFFEE STORE

行きたかったコーヒー屋さんでしたが、土日は信じられない位混雑しているので行けないでいました。

 

今回チャンスがあったので突撃。

 

おそらくペーパードリップですね。

ミルがなかったので引いてあるものをペーパードリップしているかな?

よく見えませんでした。

 

コーヒーはお上品。飲みやすい。

少し薄めに作ってる気がします。ペーパードリップだからそう感じるのかもしれませんが。

 

表参道のコーヒー屋さん!という感じですね。

 

個人的には音楽とロケーションとコーヒーの相性が抜群で心が洗われました(マジで)

行くときは絶対に空いている時の方がいいです。

このお店はコーヒー意外の価値もとっても高い。

そんなお店でした。

 もちろんコーヒーもうまい。

 

因みに音楽は「中山うり」というアーティストの「月とラクダの夢をみた」でした。

Camel,under the moonlight / Uri Nakayama "月とラクダの夢を見た" - YouTube

 

家でゆっくり飲みたい時はこれをかけようと決意しました。

 

隣にブルーボトルコーヒー、歩いて1分でカフェキツネという超激戦区ですが、

正直、それらのどこよりも僕にハマりました。

また行きたいわぁー

 

 

焙煎機の限界を工夫で越える

僕の焙煎機はホームロースターです。

火力が足りないと感じる場面が多いです。

電気なので。

 

じゃあどうするのということで一つの答えが見つかりました。

 

僕が焙煎で一番気を使うのが時間です。

時間をコントロールするために他の変数を変えます。

 

変数は、火力と豆の量です。

火力もいじることができますが、数値化できないので一定にしています。

 

変えるのは豆の量です。

エチオピアピーベリーなどといった小さな豆と、タンザニアのaaやコロンビアのスプレモを焼くときで量を変えています。

 

結構その差は大きくて、理想の焙煎に近づけるべく特訓中。

焙煎機の構造が複雑なので、コントロールが難しいですが、ちゃんと考えればどんな焙煎機でも焼けますね。

 

〇〇の焙煎機はうまく焼けないとか、色々な意見がありますが、自分が寄り添ってあげればどんなやり方でも美味しいコーヒーはできるもんですね。

 

家庭用に焙煎機を探している人は、うまく焼けるものを探すのではなく、

煙がでるかとか、チャフはどうなるかなどといった利便性で選ぶべきかなと個人的に思います。

 

隣の芝は青く見えますが、道具には愛着をもって使っていきたい。