珈琲探検日記

コーヒーについてです。たまにクライミングネタも。

ウイスキー検定3級を受けてきた

珈琲のブログなんですが、また珈琲ネタじゃない。。。
 
なんだかすみません。
 
ウイスキー好きが高じてウイスキー検定を受けてきました。
受験料4000円と比較的リーズナブル部類かと思います。
 
難易度はあまり難しくないが、NO勉強で挑めるほどやさしくない。
過去問で100点取れるまで行けば、問題無く合格できるレベルではないでしょうか?
趣味としてウイスキーを楽しみたい方は、受けると知識がかなり深まるのでお勧め。
もっと詳しくなりたい人は、2級もあるのでそちらもよいかと思います。
ちなみに実技が無い分、珈琲検定よりも敷居は低いかと(値段もw)
 
出題範囲がスコッチがメインなので、ジャパニーズ等の他の5大ウイスキーの知識習得には向いてないです。
僕の場合はほぼスコッチしか飲まないので、まったく問題ありませんでした。
 
最近検定マニアみたいになっていましたが、これで打ち止めです。
 
 

スコッチウイスキーを飲みにスコットランドに行く。(準備編)

珈琲のブログですが、ウイスキーの話。
珈琲と同じくらいウイスキーが好きです。
 
長期の休みが取れたので、スコットランドへ旅行に行きます。
すべて個人で手配したので、今後行く方の参考になれば。
 
◆日程&スケジュール
7泊8日で、うち3泊はアイラ島でのんびりします。
以下の感じです。
 
1日目:エジンバラ観光&グラスゴーへ移動
2日目:グラスゴーからアイラ島
3日目:アイラ島観光
4日目:アイラ島観光
5日目:アイラ島からフォートウィリアムへ
6日目:ジャコバイト号(蒸気機関車)で遊び、エジンバラ
7日目:エジンバラ空港から帰国
 
ジャコバイト号はハリーポッター好きなので、、
ウイスキーとの関係は全く無いですw
 
 
◆宿
ほとんどBooking.comで手配しました。超簡単。
なぜかキャンセル手数料が無料な宿が多く、臨機応変に予定変更できます。
アイラ島に関しては、Booking.comで予約できるホテルが少なく、泊まりたいホテルに直接メールしました。
アイラ島では、Bowmore houseというホテルにお世話になる予定です。
(いつも行っているバーのマスターのお勧めで。)
ホテルに直接メールするということで、多少抵抗感がありましたが
中学レベルの英語で全く問題ありませんでした。
 
 
◆交通手段
一番悩ましいかと思います。
スコットランド本島の移動手段は高速バス(Cttylink)にしました。
一番リーズナブルでしたし、バスなら広大な風景も見られそうな気がしたので。
もちろん電車でも良かったのですが、ここは好みですね。
アイラ島の移動手段は路線バスです。日曜日は運航してないのですが、
私は月~木の滞在なので。
レンタカーという選択肢もありましたが、試飲しまくりたかったので断念しています。
(他のブログで飲酒運転をほのめかす記述がありましたが、絶対にやめた方が良いです。当然違法行為になりますし、何よりも危険です。)
アイラ島への手段は飛行機にしました(時間もったいないし)
以前はFlybeというLCCだったようですが、今はLoganAirという会社に代わっておりました。
朝と夕の2便のみになってしまったようです。
カスタマーセンターと少しメールでやり取りしましたが、意外としっかりしていてびっくりしました。
 
 
◆費用
航空券は約8万円、ホテルは1万円弱のホテルにしています。
現地でのボトル購入等もろもろ含めて20万位が予算です。
航空券は半年以上前にスカイスキャナーで検索して買いました。
激安なのでカタール空港乗り継ぎで、乗り継ぎ待ち時間が5時間(現地時間深夜1時~6時)という絶望的に何もできないところがつらいです。
 
 
◆蒸留所見学準備
予約必須のところとそうでないところがあります。
 
大体現地の英語サイトを訳して理解するという流れになります。
地道に検索するのが辛いという方は、バーのマスターに聞いてみたほうが早いかもしれません。
ちなみにほぼ愚痴になりますが、僕が一番好きなウイスキー、Caolila蒸留所が閉鎖されている時期に行きます。
トホホ。。。(調査不足で、航空券取得後気づきました。)
ただ、テイスティングツアーは時間指定でやってくれるそうなのでそれに参加します。
オフィシャルボトルのテイスティングなのか、スペシャルボトルのテイスティングなのかは不明ですが楽しみたいと思います。
気持ちを保つために、閉鎖しているから人も少ないしいっぱい質問できるからと自分に言い聞かせておりますw
 
 
 
◆まとめ
計画を立ててから気づきましたが、個人手配ってめちゃくちゃ面倒です。
心配ごとも多いし。
ただ、安い。マジで。ツアー頼んだら倍はかかった。
個人手配しようとしている人は、手間暇を惜しまないというのが条件ですね。 

珈琲 森の時計

富良野に行ってきました。

北海道にうまい珈琲屋はないもんかと検索を走らせていると、森の時計という喫茶店を発見しました。
 
前にドラマの「優しい時間」で使用されていたセットを流用して喫茶店を開いているようです。
このドラマは見たことが無かったのですが、ロケーションがよさそうだし
ネルドリップだったので行ってみました。
 
ドラマでも同じ設定だったようですが、お客に豆を挽かせるという独特なスタイル。
実際はカウンターのみそれで、テーブル客は通常提供になっていました。
ここはオペレーションの問題でしょうか。
 
メニューもブレンドコーヒーのみで、豆にこだわっているというよりは
ロケーションに全力を注いでいるようでした。
 
こういった振り切り方をしているお店もあって良いのではないでしょうか?
珈琲ギークな方にもおすすめしたい。
とにかくロケーションが良すぎて、珈琲の味が全く入ってこなかった。
それくらい素晴らしかった。
写真も撮ってきましたが、ぜひ実際に見てほしいですね。
木や水の香りや音を含めてのすばらしさでした。
 
もちろん、肝心の珈琲もおいしいですよ。
少し酸味が強めかなという印象でしたが。 
 
ちなみに、冬も絶景だそうです。
 

f:id:iwanori65:20170831181901j:plain

f:id:iwanori65:20170831181903j:plain

f:id:iwanori65:20170831182144j:plainf:id:iwanori65:20170831182146j:plain

 

クリアでおいしい珈琲を焙煎するために

 

 
久しぶりの投稿です。。。
 
珈琲焙煎に正解はないですよね。
私はお店を経営している訳ではないので、いつも自分が好きな珈琲を入れています。
 
ここ数年は、えぐみや渋みも楽しみながら飲める珈琲を目指していましたが
少し進む方向を変えたいなと思います。
イメージはお上品なで、えぐみや渋みが全く無い珈琲を作りたいです。
それでもコクは強いという珈琲。
 
まずは焙煎時間をのばしてみようと思います。
20分位かな?
おそらく長くすると味が無くなっていくので味もあって、コクもあって、えぐみや渋みだけが無い珈琲を目指して邁進します!
 
 
 

VSTバスケット使ってみた

エスプレッソギークな皆様はご存知だと思います。
VSTバスケット。
 
ついにGET致しました!
知らない人のために一応、、、
VSTバスケットはエスプレッソマシンにしようするパーツ(粉を入れる所)です。
通常のバスケットよりも穴の精度が高く、水抜けが良いということを強みにしている製品です。
あまりの水抜けの良さに、家庭用のグラインダーでは対応できない(らしい)
 
大体のレビューを見ると、ダブルバスケットだったのですが、私が購入したのはシングルバスケット。(7グラム)
この違いが味にどういう影響を与えるのか分かりませんが(比べられない)
きっと近い味が出せるのではと思っています。
 
因みに、シングルバスケットもタンパーは58mmということでしたが、
シングルバスケットに7グラム入れた状態では中央のくぼみに入りきってしまうのでほぼタンピングできないです。
恐らく42mm程度のタンパーでタンピングしないとだめな気がします。
 
素直にダブルを買っておけばよかったか・・・><

うまいアイスコーヒーの作り方

暑い夏は冷たいアイスコーヒー!
スーパーで紙パックのものを買ってきても良いのですが香りが吹っ飛んでるので、自分で淹れていくのがベストですね!
アイスコーヒーを作る方法は2つです。
 
1.ホットコーヒーを急冷させる
2.水出しコーヒー
 
1.ホットコーヒーを急冷
ご想像の通り、ペーパードリップ等でコーヒーを淹れた後、冷やします。
ポイントなのは「急冷」という点。
コップに氷を敷き詰めておいて、氷にかけるようにしてホットコーヒーを淹れてください。
暖かいコーヒーは時間がたてばたつほど香りが飛んでいくのでこれを最小限にするためです。
非常にパンチの強い、ガツンとしたアイスコーヒーに仕上がると思います。
氷で薄まるので、1杯あたり15g~20gで抽出してください。
個人的には朝のコーヒーに最適。
 
2.水出しコーヒー
麦茶と同じ要領です。抽出に8時間位掛かりますが、まろやかで落ち着いたアイスコーヒーになります。
1リットルあたり80g~100g位の豆で作ります。
水出しコーヒーは香りが飛びづらいという特徴がありますが、衛生面の観点から早めに飲んだほうが良いです。
個人的には夜の落ち着いた時間に最適。
因みに簡単に作れるものもあります
好みに合わせて、最高のアイスコーヒーライフを!

キャンプでうまい珈琲を飲む方法

 

久々の投稿です。。。
最近私の周りで来ている空前絶後のキャンプブーム・・・
都内では感じられない自然の雄大さを味わうべく人気みたいです。
 
私もキャンプは好きで、友達と行くのですが
キャンプ場って朝晩ものすごく冷えるんですよね。
 
特に寒い朝、珈琲飲めたら最高です。
ただ、適当じゃだめなんだなコレが。
ぜひ、以下の道具をお持ちになって淹れてください。
 

ポイント①

その場で挽け!

酸素に触れれば触れるほど、風味が飛んでいきます。
携帯ミルを持って、その場で挽きましょう!
 

ポイント②

深煎りの豆を使え!

好みが分かれるところではありますが、キャンプ場の簡易コップの場合、
珈琲が爆速で冷えていきます。冷えた浅煎り豆の独特の酸味がいやだなって方は、
深煎りの豆を持っていくと良いかもです。
 
 

ポイント③

ペーパーで入れろ!

キャンプ場で絶対にやってはいけないことはゴミ放置です。
珈琲豆の出がらしも完璧に処理してこそ、キャンプを全力で楽しめるというものですね。
淹れるのが簡単なのはフレンチプレスですが、意外と掃除が大変ですし、豆の品質に影響されまくります。
よって、ペーパーをもっていってそれで入れるというのが絶対に良いです。
ドリッパーもプラスチック製から軽いですし。
 
上記3つを守って、楽しいキャンプ珈琲ライフを!